その犬どこで拾ってきたの?

Just another WordPress site

普通…。

calendar

人によっては噛む犬をしつけたくても、噛まれたらという恐怖がある、という例があるだろうと思います。あるいはイライラしたり驚いてしまって、叩いてしまった経験などもある人もいるでしょう。
噛み癖、トイレと、子犬の時期から可能な限り正しくしつけを継続して従順な成犬になるよう、飼い主である皆さんが犬たちをしつけをしてあげるようにしましょう。
あなたがトイレじゃないしつけで褒美として犬にやっているならトイレのしつけトレーニングが終了するまで、しばらくの期間は褒美の餌をあげるのは止めて頂きたいです。
一般的に大人の歯が生えそろう頃の子犬たちが、特別に元気いっぱいですから、その時期に的確にしつけなどをすることが大切です。
散歩をしている時の拾い食いをした時のしつけの場合、犬に何か言うことはせずに、飼い主の方々が出来る限り威厳をもってリードのコントロールでしつけをしてください。

まだ小さい子犬の時期に、適切に甘噛みすることは許されないといったしつけなどされたことがない愛犬などは、成犬になっているのに何らかの原因で甘噛みっぽく噛む行為を始める事だってあります。
これまで吠える犬をしつけ続けていても矯正できずに、あなたのほうが不安定になっているとは考えられませんか?犬のほうでは本能のまま、当然のように反応をして吠えているということを知ってください。
いま、無駄吠え対策で悩んでいるかもしれませんね。でも、犬の無駄吠えというのを無くしてしまうことはそれほど難しくはありません。情報があったら、皆さん出来ると断言します。
子犬が噛んでくるという時は、「噛むのはいけない」と、しつけるまたとないチャンスだと考えてください。噛んでくれないと、「噛むことは良くない」という点をしつけることは困難です。
例えば生後間もないミニチュアダックスフンドだろうと、家族の一員にしたその時から、いえむしろ、飼う前の準備期間にしつけなどは開始するんです。

普通、チワワと人間が共に生活するためこそ、社会性をある程度覚えなければいけません。その社会性は、子犬の日々からしつけをしなければだめです。
まだ小さい子犬のうちから飼育したというのに、ラブラドールのしつけをミスってしまったという人は、「死に物狂いで頑張る」と覚悟を決めて、頑張ってやってください。
子犬を飼う以上、必要以上に甘い顔をせず、犬のルールを地道に教えることが、非常に必要です。諦めずに飼い犬をしつけてください。
犬が吠える理由や環境を確認したりして、その原因を改善して、きちんとしつけをすることこそ、チワワの無駄吠えというものを少なくする最も良い手です。
トイレをしつける行為は犬がやってきた最初の日からすぐさま開始することが大切です。さあ、これからしつけのトイレトレーニングの心構えをしてほしいと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す